料金プラン

営業実績25年…
他社にはない圧倒的な技術で、
ハイレベルな原稿をお届けいたします。

かえでプロダクションの強み

1、文字起こしに対する理解と戦略

ただ音を聞くだけでは、完成度の高い文字起こしはできません。音声の中には知らない言葉、聞き取りにくい箇所が、場合によっては数多く出てくるからです。そのため、質のいい原稿を作るためには、根気強く聴取することはもちろん、経験を生かした情報のリサーチや、話の背景を理解して文脈から言葉を推測し、特定するといった、文字起こしのための戦略が必須となります。弊社では長年培ったノウハウを生かして、あらゆる分野で、良質な原稿をお届けいたします。

2、ライターの文字起こしを校閲者がチェックする安心の二人体制

弊社では、まずライターが文字起こしをした後、校閲者が聞き違いや、聞き取れなかった部分を補うダブルチェック体制を敷いています。文字起こしをしながら隅々まで意識を張り巡らせることはとても困難です。ダブルチェックを行うことで、校閲者は音声の正しさにのみ意識を集中することができ、より質の高い原稿が仕上がります。

3、徹底的な機密保持

本当に音源を預けて大丈夫なのか? お客様にとって、大変切実な問題です。弊社では頂いた情報の管理・厳守はもちろん、社員に対する守秘義務の徹底も入念に行っております。「機密保持契約書」もご用意しており、お客様のニーズに沿って、柔軟にご対応させていただきます。また、関西圏に限りまして、直接での音源のやり取りや、納品物のやり取りをさせていただくことも可能です。

・お仕事例

一般企業

・講演記録・セミナー記録・シンポジウム記録・対談記録・インタビュー記録・コンプライアンスに関するヒアリング記録・英語音声文字起こし

法律事務所

・尋問記録・会話記録(電話なども含む)・ヒアリング記録

大学・学会

・インタビュー記録・講演記録・シンポジウム記録・講義録・座談会記録・会議記録・コンプライアンスに関するヒアリング記録

医薬品・病院関連

・セミナー記録・座談会記録(アドバイザリーボード含む)・対談記録

労働組合

・団体交渉記録・賃金交渉記録・株主総会記録

075-746-3885 お気軽にお問い合わせ下さい

納期

特急割増率一覧表

分数 受注日 (翌日)       (1週間後)      
当日 1営業日 2営業日 3営業日 4営業日 5営業日 6営業日 7営業日 8営業日
0〜60 応相談 50 25 通常        
61〜120     応相談 50 25 通常      
121〜180       応相談 50 25 通常    
181〜240         応相談 50 25 通常  
241〜300           応相談 50 25 通常

※数字は割増率(%)、通常納期から1営業日早めて+25%、2営業日で+50%、それ以上は応相談。
※例:60分の音声(文章整理なし)を翌々営業日(第2営業日)納品(50%割り増し)→250×60×1.5=22,500円(税別)

※納期カウントは、弊社の営業日によります。(→営業日カレンダー
※弊社の混雑状況、および録音環境により納期の延長をお願いする場合があります。
※お急ぎの場合は特急料金でのご案内となります。

ご利用の前に

料金について

  • 1分単位の計算で、端数(秒)は切り上げとします。
  • 音声が複数ある場合は、各音声時間の合計で料金を計算いたします。ただし、30分未満の場合、最小ロットとして30分料金をいただいております。
  • 原則として録音時間すべてを作業の対象とし、音声の始めから終わりまでの分数を請求させていただきます。ただし、文字起こしを要する範囲が限定される場合は、タイムコード等でご指定ください。
  • 受注確定後のキャンセルについては、それまでに発生した作業分に相当する金額を請求させていただきます。
  • プリントアウトでの納品をご希望の場合、印刷代1ページにつき10円をいただいております。(裁判用・証明印アリのプランでは、1部の料金が含まれております。)
  • 音声データのコピーについては、CD-R1枚につき作業料1,000円をいただいております。
  • ご入金については、請求書記載の振込先口座にご入金ください。振込料は恐縮ですがお客様でご負担をお願いいたします。

ご発注時のお願い

  • 品質向上のため、音声に関連する情報(話者名、固有名詞、音声の内容、資料など)提供のご協力をお願いします。
  • 音源のほかに参考となる映像データがある場合は、可能な限りご提供ください。
  • 「整文ナシ」のコースでも「ケバ取り」はいたします。(→「ケバ取り」「整文」とは?
  • データ納品の場合は、原則としてメール添付納品、あるいはCD-Rにコピーしてお届けします。その他希望があればご相談ください。

「ケバ取り」とは

文脈上、意味をもたない「あー」「えー」「まあ」「その」などの発声のことをゲバといいます。ケバを取りのぞくことで、文章がスッキリします。

例)
ケバ取り前 「えー、まあ、何と言いますか、その、難しい問題ですね。」

↓↓↓

ケバ取り後 「何と言いますか、難しい問題ですね。」
※無意味な発声のみ取り除き、その他の言葉は音声どおりに書き起こします。

ご注文の流れ

お申し込み・お問い合わせ

お問い合わせフォームよりお申込みしていただくか、お電話にてお問い合わせください。

録音媒体・料金の確定

録音媒体と、その音声に伴う資料(会議資料やスライド資料、レジュメ等)をご提出ください。宅配便で現物をお送りいただくか、オンラインストレージをご利用ください。

企画の意図を完全につかむまで、とことん綿密な打ち合わせ

内容と録音時間などを確認し、納期と料金を確定し、御見積書をお送りいたします。

作業開始

御見積書の内容にご承諾をいただき、正式にご依頼を受けてから作業を開始します。弊社専属のスタッフにより、音声を文字に書き起こします。

完成原稿納品

完成した原稿(MS Word形式)を納品いたします。納品方法は、データをメールでお送りする、CD-Rなどのメディアにコピーして郵送(宅配便)する、あるいはプリントアウトして、紙でお送りするなど、ご要望にお応えいたします。

075-746-3885 お気軽にお問い合わせ下さい

営業日カレンダー