編プロ業界の話

新しい小学校の教科書

  • 2020.05.27

2020年4月から使用されている新しい小学校の教科書を購入しました。 採用率の高い上位3社を中心に揃えています。採択教科書は各都道府県の教育委員会のHPから調べることができます。それらの数値から採用率を計算しましたが,生徒数との比較はできていないので,あくまで概算での採用率です。 主要教科の上位3社の中には東京書籍が入っており,そのシェア率の高さは群を抜いています。 全体的な印象としては,自分たち […]

改訂期とは

  • 2019.02.28

かえでプロダクションは、小学校・中学校・高校の学習用教材の編集プロダクション(以下、編プロ)を仕事としています。毎日、問題の執筆や校正をしており、締め切りとの戦いを繰り広げています。 さて、今回は教科書改訂期について、もう少しだけ編プロ寄りで紹介します。 日本の教科書は4年に一度、改訂されて、新しい教育が始まります。今回の場合ですと、小学校では2020年から新しい教科書の使用が始まります。 教科書 […]

学参系編プロ業界について

  • 2018.12.19

私たち、かえでプロダクションは、小学生・中学生・高校生の学習参考書などの学習用教材を編集するプロダクションです。通称「学参系編プロ」といいます。 学参系編プロは、業界としては比較的新しく、規模自体もそこまで大きくありません。業界最大手とよばれる会社は東京や名古屋、大阪、兵庫にあり、おおよそ30~40名ほどの規模です。この業界ができるまで、編集や執筆の依頼先は個人で専業をしている方か、個人で副業で行 […]

教材のつくり方

  • 2018.11.28

現在、学習用教材の出版社の教材のつくり方は、問題執筆と編集は編集プロダクション(以下、編プロ)もしくは個人の方へ依頼し、組版は組版会社や個人のデザイナー、印刷は印刷会社へ依頼することが主流です。 出版社がイチからすべてをつくっている会社もありますが、商品点数の増加に伴い、出版社では企画をつくったり、進行管理や原稿整理をすることがメインになっています。 そのため、実際の問題を生み出して、執筆作業をす […]

予約合戦

  • 2018.09.28

2020年の教科書大改訂に向けて、日本全国のクライアントから教科書準拠教材の改訂作業について、学参系編プロの予約合戦が始まっています。今回の改訂期の特徴として、標準版(教科書に準拠していない教材)はすでにスタートしているクライアントが多いことです。さすがに前回の大改訂のときの混乱のような同じ轍は踏まないですね。 そもそも教科書改訂期がなぜそんなに重要な時期かといいますと…出版社にとって、教科書改訂 […]

教科書改訂期とは

  • 2018.09.18

日本の教科書は4年に一度、改訂があり、12年に一度、大改訂があります。2020年はちょうど大改訂の年に当たります。東京オリンピックの開催だけでなく、教育も大きく変わるんですね。 前回の大改訂のときもそうだったのですが、今回の大改訂は小学校・中学校・高校と全面実施が1年ずつずれます。 小学校 → 2018年教科書検定 2019年教科書採択・供給 2020年全面実施 中学校 → 2019年教科書検定  […]

編プロって

  • 2018.09.05

かえでプロダクションの業種は編集プロダクションに位置付けられています。通称、「編プロ」といいます。 自己紹介のときに「編プロ」と言うと、よく芸能プロダクションと間違われるのですが、弊社には芸能人はいません。いてほしいですが…笑。 「編プロ」は出版社の下請けになるので、出版社の発刊する種類によって、それぞれ編プロ業界があります。旅行雑誌の編プロ、地方誌の編プロ、専門書の編プロ、一般書の編プロなどなど […]